その本の物語 バーブックシェルフ蔵書紹介

2020/01/14 BLOG
村山早紀

ほのぼのとしたファンタジー小説。

 

 

ずっと友達でいられると思っていた。なのに、約束を破ったのはわたし―。

病院のベッドで眠り続ける、かつての親友・沙綾のために、きょうも朗読を続ける南波。

それは二人が子どもの頃に好きだった魔女の子のお話だった。

遠ざけられても、裏切られても、なお魔法の薬で人々を癒そうとした風の丘のルルー―。

大好きだったこの物語が、あなたを呼び戻してくれたら…。今を生きる十代の女の子と、本の中の冒険が響きあう、遙かなる魂の物語!

東京都台東区東上野のバーブックシェルフでは小説の話をしながらウイスキーをお楽しみいただけます。