もしぼくが本だったら Bar Bookshelffの蔵書

2020/02/12 BLOG
もしぼくが本だったら

当店は本棚。

 

お客様は本。

 

みなさんの物語を読ませてください。

 

 

以下販売ページより抜粋。

 

 

「もしぼくが本だったら……」ではじまる、詩的な文章と現代的なイラストレーションが魅力の、ポルトガル生まれの絵本。

 

広い世界で心が迷子になったときにそっと私たちに寄り添って、新たな道やヒントをくれる「本」の力をあらためて感じる一冊です。

 

出版社からのコメント

「本」をテーマにしたポルトガル生まれの絵本。詩人である父親の文章に、イラストレーターとして活躍する息子が絵をつけた、親子による作品です。

 

数々のデザイン賞を受賞し、すでに世界13言語で翻訳されています。

 

「もしぼくが本だったら……」ではじまるいくつものエピソードと、自由に羽ばたく想像力によって描かれたイラストレーションから、本が持つ世界の豊かさや魅力がさまざまな側面から伝わります。

東京都台東区東上野のバーブックシェルフでは人気の本、ひとりで読みたい本、おしゃれな本、お互いのオススメの本、などを店内で楽しみながらお酒をお楽しみいただけます。