ウイスキーの糖質について

2022/02/08 COLUMN

ウイスキーはアルコール度数が高くカロリーも高いイメージがありますが、実はダイエット中にも飲めるお酒なんです。
とはいえ、やはり糖質やカロリーが気になりますよね。
そこで今回は、ウイスキーの糖質について解説していきます。

▼ウイスキーの糖質
ウイスキーは、100mlあたり糖質0g、237kcalです。
見てわかるように、ウイスキーには糖質は含まれていません。
これは、ウイスキーの製造過程で糖分を飛ばしているためです。
ちなみに他のお酒と比較してみると、ビールは糖質3.1g・40kcal、梅酒は糖質20.7g・156kcal、焼酎は糖質0g・146kcal、赤ワインは糖質1.5g・73kcalです。
こう見ると、ウイスキーは糖質は少なくてもカロリーが高いように思えますが、適正飲酒量であるアルコール20gで考えると、他のお酒よりも低カロリーになります。

▼ウイスキーがダイエットにおすすめの理由
先ほども述べたように、ウイスキーは糖質が0でカロリーも低いです。
そのため、他のお酒を飲むよりはダイエット中でも罪悪感が少ないでしょう。
また、ウイスキーに限らずアルコールのカロリーは優先的に消化されるので、脂肪として蓄積しにくくなっています。
ただし、適正量を超えると中性脂肪として体内に蓄積するので注意が必要です。

▼まとめ
ウイスキーは糖質0で低カロリーなお酒なのでダイエット中でも飲むことができますが、飲み過ぎには注意が必要です。
適正飲酒量を守ってウイスキーを楽しみましょう。
当店は本が好きな人が集まるバーを営んでいるので、お酒や本が好きな方はぜひお越しください。